まいどーっ!普段は電気屋さんぽくない

堀デンキのカット君ですぅ~

 

昨日は夏日のように暑くて・・・

ヤバいヤツがいっぱい飛んでたのか?

鼻が詰まり息苦しくて眠れなかったカット君

寝不足でボーッっとしながら現場へGO!

 

昨日の暑さから一転?今日は北風が強くて

ちゃぶかったぁ・・・

暑かったり・・・ちゃぶかったりぃ・・・

その上寝不足とくれば、調子狂うわ・・・

 

 

1月10日から解体を始めた

フルリノベーション現場も2ヵ月が過ぎ

基礎コンクリートも打ち

柱の傾きも修正し

柱40本、筋交い、梁を追加して

金物による耐震補強し

土台、柱、胴、桁、と躯体を一体化した

体力壁でさらに補強して

屋根の形状も変えて瓦も葺き替えて

水道配管の仕込みも

電気配線も仕込めて

床も天井下地もできて

床、壁、天井も断熱材で断熱して

2階床には遮音マットも敷き詰めました

2階は天井も不燃ボードを張り終わり

今日は間仕切り壁と壁下地を造りましたが

この柱から柱へと横に入れている木材は

胴打ちといってこの横桟に壁ボードをネジで

留めていく壁の基本下地なんですが

築55年の傾いた躯体を修正はしましたが

完全には修正しきれませんので

それぞれに傾いた柱に充て木を真っ直ぐに

1本1本の柱に打ちつけて垂直を出して

壁が真っ直ぐになるように調整していく

手間と技術を要する作業です

新築しかやっていない大工では出来ない

仕事ですが、夢かなえ隊の棟梁は

いとも簡単に手早く修正していきます

職人の真価が問われるのは、傾いたり歪んだり

問題をいかに正確に納めるか?なんです!

その難しい仕事を棟梁が何気なく修正した後で

電気屋?カット君は何をするかと言うと

柱にボックスと言って

コンセントやスイッチを取り付ける

ための箱をネジネジ君で取り付けて行きます

その箱に電線を通しておきます

この上に後日不燃ボードを張って

箱の大きさにボードを切り込んで

壁クロスを貼ったうえに

コンセントやスイッチを接続して

ネジネジ君で取り付けていくのです

 

大工の棟梁の仕事と比べれば

誰でもできそうな単純な作業ですが

一応、免許がいるんですよ!

 

何故か、カット君も電気屋さんの免許

持ってるんですよねーっ!

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011