祭りも近づき先週月曜日より

夜な夜な太鼓の練習しています

今年は6年生2人(男子1、女子1)

5年生男子4人の計6名で太鼓を敲きます

我が下野村も昔は・・・

カット君の学年だけで20人いたのに

今では幼稚園~小6まで全部で25人?

11年前にカット君子供会の会長してた時は

バス2台で旅行してたのに・・・

本来祭りの太鼓は6年生男子4人で敲くのですが

段々子供が減り、6年生男子が6人いなくて

6年生の女の子も乗せることになり・・・

それでも足りなくて、今では5年生も乗せています

 

初日の練習は掛け声を覚えながら

座布団を敲いての基本練習~

とにかく大きな声が出せるように

 

予想以上に今年の乗り子は声がでて

バラバラではあるけれど太鼓も強く敲けてる

声と顔が良い!という理由で

カット君が掛け声と指揮者の指導を担当

カット君も11年前指揮者をしましたので

5年ほど前から毎年指揮者を教えています

この拍子木も11年前に棟梁にお願いして

造ってもらったのですが、木が新しいので

乾きが悪く、打っても良い音が出ませんでしたが

11年の月日が経ち、乾いた良い音が出ます!

 

掛け声の台詞も指揮者・乗り子・全員とそれぞれで

20数年前に作った台詞もボロボロで文字も見づらい

で、カット君、冷蔵庫のポスターを張り合わせて

前よりもおっきい台紙を作り、書き書き・・・

ホワイトボードいっぱいで見やすくなりました

 

他にも、祭りの主催は自治会なんですが

祭りの案内チラシや

練り歩く順路と地図、タイムスケジュールなど

任されております、

コレが一番大変で、毎年差し場(家)が替わり

差し場にキッチリ神輿を停め差せるように・・・

練り出しから当屋までの時間~休憩~練り出し

次の休憩所の到着時間~昼食の公民館に

所定時間に着くように時間計算します

基本歩きパターンの1回が30秒その

後半3~8秒の間しか拍子木を打ち

合図をだすことがでません、

タイミングが合わなければ次の30秒を

ゆっくり歩かせて調整しなければいけません

その合図のタイミングを指揮者に出して

神輿の先導者に歩く速度を調整させます

差し場も決めたところ以外にも、人が

集まっている場所では臨機応変に差します

1回差しが約50秒、この差し50秒と

歩き1パターン30秒この組み合わせも

計算しなければいけません

ものすごーく神経を使います

前半は・・・毎年

でも休憩度にお神酒をいただくので

昼からは

です・・・

指揮者、先導者、各自で頑張ってください・・・

 

 

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011