今朝新聞に残念な記事が載っていました

天空の城「竹田城跡」のシンボルである

一本松が枯れてしまったと・・・

観光客が押し寄せ踏み歩き地表の草が無くなり

土壌が露出し根もむき出しになっていました

この夏から葉が落ち赤茶色に変色していったようです

松は枯れ始めると一気に枯れます、

国史跡なので土壌改良や植樹もできなかったそうです

雲海が広がり天空の城のようだと数年前から話題になり

全国か観光客が押し寄せるようになりました、が

この風景は竹田城跡に登っても見れません

当たり前のことですが富士山登って富士山見れませんよね

この絶景は対岸の立雲峡という山から見れるのです

ただ、いつでも見れるわけではなく

雲海が見れるのも運しだい・・・うんかい!

また、よく「竹田城」と言われていますが

正式にはお城は残っておらず「城跡」です

標高353mの山頂に築かれ、縄張りは

南北に約400m、東西に約100m

現存する山城としては国内屈指の規模を誇ります

大小様々な石を野積みという工法で組んだ石垣は圧巻です

無名だった10数年前、

カット君の姉が冬になると早朝に出かけ

和田山にスゴイ雲海が見れるところがある!ってよく言ってましたが

ふうーん、それがどうした?と思っていました、

カット君もスキーに行く道柄にあるのですが

毎回通りすがりに,山上の松を見ては

あそこに、お城があったらしい?程度のモノでした

カット君の家から車で下道通って約1時間20分

当時は整備もされていなくて、規制もなく野放し状態

そのうちテレビで取り上げられドンドン人か来るようになり

ドンドンドンドン踏み歩き天守跡の石垣は崩れかけ

土や芝も削られ、規制をし保守に乗り出しましたが・・・

遅かったようですね、

有名になり、ドンドンドンドン人が来るのは良いのですが

ドンドンドンドン人が押し寄せることにより

ドンドンドンドン貴重な史跡が崩れていきます

ドンドンドンドン・・・また?

現代人が「しくじりました」

と、いうことで

今日も松を守るため脚立に登っていた

カット君でありました!

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011