まいどーっ!堀デンキのカット君ですぅ~

今日はサバが大阪(次女んとこ)に行き

お留守番!次女も東京研修で居ないのに

何しに空き家の大阪まで・・・

って聞くと

 

来週次女が(大阪に)帰ってくるんで

空き家の冷蔵庫のコンセント差しに・・・

3千円電車賃払って1日仕事・・・?

まっ、ええわ!サバの居ぬ間に

秘密基地をプチ改装!

 

元々コンクリート土間の倉庫を間仕切り

天井を張って、男の隠れ家を造ったのですが

土間がコンクリートのまんま

仕方ないかと諦めていたタイミングで

お客さんの大工さんが床材のハンパもんが

あるけどいらんか?って神の声が

貰ってきたけど、ホンマにハンパ・・・

無垢の杉板と塗装した杉板

どっちを使うにしても足らない・・・

なら、両方使っちゃうかぁ~

無垢と塗装を交互に張っていく

床張りは、凸凹の溝の彫ってある板を

併せて角材でパンパンって叩いて溝を

ハメこんでいきます

本来なら床を一番に張って天井、壁の順で

床と壁の間に巾木を打つので少々寸法が

合わなくても、合わせ際は隠れるので

キレイに収まりますが、壁、巾木先行なので

寸法キチキチに床材を切って叩いて納めます

最後に床を張るって掟破りの荒業

 

あら~っ、こーんな中途半端な仕舞いが

旗竿型に切りかいて納めます・・・

 

オマケに杉板の長さが4cmほど足りない

4cmほどの細い板をはめ込む

めんどくさい・・・

今度は足が邪魔・・・

ココも寸法キッチリに切りかいて納めます

本来なら何もないところにベタベタベタって

床をハメ並べていくだけなのに・・・

しゃーないよな

もともと床を張る予定も予算もなかったから

 

カウンター台も真ん中がしなるので

真ん中に足を付けていましたが

この足が邪魔になり椅子を4脚並べて座ると

狭い、でも真ん中に足があり椅子が置けない

4脚か2脚かの選択しかありませんでした

 

でっ、カウンター足を取り払い

木材で棚受けを造り壁から支えるように

変えました!ここに椅子を3脚、真ん中にも

ゆったり座れて余裕ができました!

 

なにかと出たり入ったり、足があったり

障害物だらけのココに床を張り終えました

冷たーい感じの埃っぽい土間が

何というコトでしょう~

無垢の温かみのある床材を交互に張り合わせ

オシャレな居酒屋のように

変身したではありませんか!?

ただ、靴の足跡がくっきり・・・

土禁にするかぁ?

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011