まいどーっ!堀デンキのカット君ですぅ~

夕べは寒かったぁ~数日前は暑くて

布団も薄い掛布団1枚に替えてたから

夜中に寒くて目が覚めて眠れず・・・

丸くなってウトウトしてる間に朝ーっ!

 

花粉症は大分マシになり

最近やっと眠れるようになったのに・・・

そんな寝不足の寒い朝

 

2月後半よりかかっていたリフォーム現場

昨日クロスも仕上がったので、

今日は電気屋の仕上げ?

照明やらコンセントやらスイッチやら

その他モロモロ取り付けて仕上げます

田の字の和室三昧の平屋の壁をぶち抜いて

縁側も取り込んで26畳のLDK・・・

広ーい!運動会できる?

 

そんなオシャレに変身した古民家に

コンセントやスイッチを付けていきます

 

キッチン後ろのカウンター収納の上に

コンセントの線が2本・・・?

2個口のコンセントを2連

4個口のコンセントを造りますが

普通だったら線は1本でコンセントで

線を渡して繋ぎますが・・・

カット君は2本配線をします

何故なら・・・ココには電子レンジや炊飯器

ポットにトースター、さらにその他・・・

コレの内3つを同時に使うと・・・

ブレーカーが落ちます、停電です・・・

 

だからカット君はココだけに2個ブレーカーを

付けて線も2本それぞれに配線します

そうすれば4つの調理家電を同時に使っても

大丈夫!ブレーカーは落ちません!

カット君は電気配線の設計をする段階で

必ずお客様にドコで何を使う?を聴きます

後で使う奥様が停電になって困らないように

 

ココにコンセントがあったら便利だろう

ココでも電気の点け消しできた方が良い?

人の動きを検知して勝手に電気が点いたら

便利だろうな?などなど

 

その家に住む人の立場で考えれば

安心!快適!便利!が見えてきます

電気屋の目線だけでなく

住む人の目線で考えれば

より住む人に満足していただけるのでは?

 

そんな仕上げの日、水道屋(設備屋)さんも

仕上げに入ってきました

まだ30半ばの若い水道屋さんですが

 

礼儀正しく挨拶もきちっとできて

何よりも感心するのが、ドリル等の工具類を

使うたびにキレイに拭いてケースに仕舞い

そのケースも拭いて車に戻す

 

とても道具を大切に扱います

独立して自分で工具や道具を1から揃えて

苦労して買った道具だからこそ大事に使う

モノを大事にする職人は仕事も大事にする

信用を大事にする、

すべてのモノを大事に扱う

だから手を抜かない丁寧に仕事をする

 

そんな姿勢を見ていると仕事内容を

いちいちチェックしなくても信用できます

 

カット君は大した職人ではありませんが

せめてモノを大事に扱う姿勢だけでも

見習いたいと改めて考えさせられます

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011