大手リフォーム会社や工務店、〇〇〇〇ホームは・・・

覚えておいてください!知らなきゃ損する建築業界の仕組み

「失敗しないリフォーム」

 

皆さん通常リフォームに必要なモノって何だと思いますか?

 

ですよね!「材料と職人」ですよね!

 

大手リフォーム会社や工務店、〇〇〇〇ホーム等は「材料費+職人の日当」に加えて

 

事務所の家賃や光熱費や維持費+会社の利益

 

新聞折り込みや情報誌広告、さらに道路沿いの看板設置広告料

  

営業マンや現場代理人や事務員の給料まで・・・

諸経費」と言う名目でリフォーム費用に含まれてしまっているのです

あちこちに看板を揚げ新聞チラシ等を頻繁に入れて宣伝している〇〇〇〇ホームほど

必要経費がかさみ諸経費が高くなってしまいます・・・

 

しかし高い経費をかけながら高い人件費を取り会社の利益を上げる?

企業努力と言えばカッコいいのですが・・・現実は

B級材料や不適正材料を使えば安くできますし、

社員としての職人を持っていませんので、職人を手間で雇うのですが

易く上げるために職人をタタキ安い日当で短い工期で仕事をさせます

職人にも不満が溜まり腕の良い職人は辞めてしまい続きません

リフォームは曲がったり傾いたものをまっすぐに直す技術とスピードが大事なのに

技術の無い職人に短い工期で無理が生じ、手を抜いたり傾いたまま仕上げたり・・・

マンションの杭打ち偽造が問題になりましたが、一般住宅ではもっとあります

 

材料と職人は絶対に削ってはいけません!

 

建築に必要なモノって何ですか?

立派な軸所ですか?豪華な広告ですか?口上手な営業マンですか?事務員ですか?

 

違いますよね、良い家を創るには「材料と職人」を一番に考えなければダメですよね!

会社の利益を一番に考え儲けから逆算して見積もりを出したり

安い見積もりから法外なオプションや追加料金で吊り上げたり・・・

もちろん儲け主義の会社ばかりではありませんが・・・

良い家を創るために本来一番お金を掛けなければいけない「材料と職人」を削り

家に関係の無いトコロ(仕事を取るため)にお金をかけているのです・・・

現場見学会や広告宣伝費をかけて名前を売り込んでいる会社ほど経費がかさみ

材料と職人とお客様が犠牲となっているようです・・・

夢かなえ隊は、良い家を創るのに関係のない宣伝費や余計な人件費を掛けずに

「良い材料を使い」「良い仕事をし」「良い家を創り」

住む人の夢を叶えたい!そんな熱い思いと技術を持った5名の職人が集まり

職人だけで運営しております!

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011