まいどーっ!イケメン植木屋カット君です!

今日は朝から1日中小雨が降ったり止んだり

なーんか中途半端な天気でした

仕事が出来んほどでもないし

雨で体濡れるし・・・

そんな中、今日も木に登りチョキチョキ

この年期の入った剪定バサミは

植木屋だった親父の形見

親父の代からだと20年以上、研いで研いで

ずいぶん刃が小さくなりました

他にもいろいろと剪定バサミを買いましたが

やっぱりコレが手になじんで使いやすい!

そんなハサミを使い

今日は一番大きな姉の家の松の木

手が入らないほど葉が密集しています

さすがにこれだけ生い茂っていると

何処から手を付けたらよいものやら?

まったく空が見えないくらいの枝を間引き

空が見える程透かします

伸ばしたい枝と、不要な枝の見極め

上の棚(枝)を透かすことにより

下の棚’(枝、葉)に日光と雨をもたらし

養分を蓄えます

カット君も植木屋始めて?15年目

やっと、すこーし解ってきましたが

 

いかんせん本職の職人さんと比べれば

手が遅い・・ハサミを入れるのに考え過ぎ

時間がかかります

丸一日かかってここまで・・・

このクラスになると1日ではできません

今日はココまで・・・

下から見上げると、

ずいぶん涼しくなりました

これなら松にとって大事な陽も雨水も

十分に下まで行きわたります

 

ただ剪定するのにハサミで切るだけでなく

いちばん手間がかかるのは不要な古い葉を

むしり取ることなんです

古い下葉をとって置かないと

蒸しが湧いたり病気になったりします

 

ただ、下端をとるのにハサミでは出来ません

左手の親指と人差し指でむしり取るのですが

新芽は残して古場だけをむしるのは

指先にけっこうな神経を使います

新芽はチョと力を入れると取れてしまいます

だから、新芽に触れずに古葉だけを確実に

掴めるようにスベル止め付の

指先にフィットするように

キッチキチのSサイズの手袋を履きます

特に今日のように雨で濡れていると

滑り止めの手袋を履いていても指が滑り

余計に力が入ります

1日で手袋がボロボロになります・・・

左手だけ・・・

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011