離れの物置状態になっていた和室を

お産で帰省する娘と産まれてくる子供のために

セカンドリビングとモダンな和室に変えてほしい!

と、ご相談を受けました、

インテリアにこだわりを持っておられる奥様をうならせるリフォーム

さて、どう変えましょうか?

カット君、プランニングの腕の見せ所です・・・

まずは床、天井を解体、4畳台所との間の壁を撤去

補強梁を入れて柱も撤去し広い10畳間に

 

バリアフリーの床にして洋室に変えました、押入れ建具もクローゼットにして

 

建具に合わせてダークウッド色のホーロー製のミニキッチンを設置しました

部屋を汚さないIHヒーターをビルトインして壁にはキッチンパネルを施工しました

建具や廻縁も奥様の好みに合わせてダークグレーに統一し、

照明は電球色や桜色など4色に変えることができ、

シーンに合わせて部屋全体の雰囲気を変えられます

廊下との仕切りの障子も、光を採りいれられるように大きなガラス建具を選択しました

白とダークウッドのコントラストがコントラストが映えるセカンドリビングの完成です。

 

さて、問題はこちらです・・・

塗り壁に欄間、ふすま、床柱が主張している和室床の間

物置になっていた広縁・・・

普通にキレイにしても奥様に満足はしてもらえないし

こちらも解体して、広縁との欄間も撤去し6畳間を8畳間に

主張していた傷んだ床柱も包んで壁と一体化し

床にエアコンを仕込みました、柱や塗り壁も包んで大壁にし

押入れもダークウッドのクローゼットに変えました、

曲がり廊下角にはクローゼット収納を造り

廊下側4枚障子だった所に壁を付け2枚引違い戸にして

庭が見えるように上下できる雪見障子の建具をチョイス

畳も採寸し表替えをし再利用しました、

白を基調とした壁、天井にダークウッドの建具

和のティストを残しつつモダンな部屋になりました

純和風の真壁廊下も解体しバリアフリーに

触るとポロポロ落ちていた塗り壁も柱も隠して大壁に

出入り口が沢山あるので、どこから出入りしても自動で

点灯、消灯できるように2か所にセンサーを仕込みました

寒かった大きな掃出しサッシも、複層ガラスの

断熱サッシに交換し冬の寒気を塞ぎました

S邸奥様のお言葉

私がインテリア重視で本やネットで調べ色々注文をし

仕事がし辛かったと思いますが、壁紙とドアとの相性など

想像以上のセンスの良いモダンな夢のような部屋の完成に感動しています

将来的には私たちの部屋にと思っていましたが、今すぐにでも使いたいです

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011