いやーっ、梅雨も明けて暑くなってきましたぁ~

堀デンキにも連日エアコンのお問い合わせいただき有り難うございます

 

店頭で売っているエアコンは完成品ではありません!

エアコンはテレビや冷蔵庫のようにポンと置いて

直ぐに使えるモノではございません・・・

お家に取り付けて初めて完成品となるのです!

そして材料、施工の仕方、工事人によって

エアコンの能力、寿命、電気代はもちろん

大切なお家の寿命にまで大きく関わってきます・・・

堀デンキでは一台一台丁寧に取り付けさせていただくため

多少のお時間を頂いております、

まず、室内機の取り付け板を水平より若干右下がりに取り付けます

水が流れるため左下がりだと室内に水漏れを起こすことがあります

壁内調査の上、壁にドリルで配管穴を開けますが

壁内の柱や筋交いを傷つけると大切な家の躯体を弱め家の寿命に関わります

 

 

室内機配管を穴に通し室内機取り付けます

国内トップメーカーの肉厚銅管を加工します

キズや変形や割れなど、この加工のよしあしで

ガス漏れなどの危険性が高まります

加工した配管を室内配管と規定トルクで締め付け繋ぎます

接続部を保温して、腐食防止テープを巻きます

他業者さん施工で接続部に保温していなかったり

テープ巻きもしてない工事も時々見受けられますね

配管が空気に触れて腐食したり効率も悪くなり

冷えが悪かったり、電気代がかさんだりの原因にもなります

 

最近は配管に化粧カバーをしますが、ほとんどの業者さんがカバー内の見えない所はテープを巻きません

堀デンキは見えない所も全部テープを巻き配管の劣化を防止し効率を良くします

 

壁穴にパテ詰をして配管カバーを納めます

 

室外機接続部に合わせて配管をピッタリにカットして加工し室外機と接続します

真空ポンプで約15分、配管内の空気や水分を取り除きます

その後約15分間放置して漏れがないかチェックします

漏れがなければバルブを開けてガスを通します

 

このようにエアコン工事には沢山の工程が必要です

手を抜いても大丈夫?な所もあろうかとは思いますが

一度買っていただければ約10年間、皆様が

安心!快適!経済的!に生活していただくため

堀デンキでは適正材料を使い、責任をもって

一つ一つを時間をかけて丁寧に確実に施工し

本当に良いエアコンを完成品にします!

 

 

 

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011