まいどーっ!イケメン植木屋復活ーっ!

隣の姉の家の松の木パート2!

この子もチャンと剪定してやれば

ナカナカの形の良い松の木なんですよ!

庭木は一般的には散髪とか葉刈りと言って

ハサミでチョキチョキ葉先を切れば

良いようなもんですが・・・

松の木だけは違います

葉先は切りません、

古い葉をむしり取り、伸びた葉は

葉を10枚ほど残して切り取ります

他の木から思えば新芽も出にくく

虫も着きやすく病気にもなります

下手な剪定をすると枯れてしまいます

だから松の木はチャンと剪定しようと思えば

本職でも1日1本!と言われるくらい手間が

かかり日当計算の植木屋業、日数がかかれば

それだけ高くつきます・・・

それで、松の木は金喰いとも言われています

昔は家に1本は松の木を植えていましたが

今では金喰いの松は敬遠されています

 

そんな金喰いの松の木が

カット君ちと姉の家で大小20本・・・

本職に頼めば毎年30万円ほどかかります

でっ、親父が死んで15年間見よう見まねで

カット君が植木屋をしているわけです・・・

壁際の脚立の建てられない所は

足場を組んで剪定をします

15年前に、全く剪定の仕方もわからず

他の木と同じように葉先をチョキチョキして

1本の松を早速に枯らしてしまい・・・

色んな人に剪定を教えてもらいまがら

最近やっと解りかけてきました!

5年ほど前までは、古場をむしり取り

少し葉を間引き涼しそうにするのが精いっぱい

最近は新芽を残して新しい枝を育てて

棚の形を整える理想の形が想像できるように

なり少し余裕が出来てきました

 

このように各棚のカタチや間隔や空間を

バランスよく育てていきます

自然の物(木や岩、山)などもそうですが

見る角度や場所により、それぞれカタチや

表情が変わってきます

それが庭の面白いところなんですが・・・

最近では「庭をゆっくり眺める」って

コトも無くなり庭自体も潰して駐車場に

・・・って家が増えてきていますね

 

たまには庭を眺めながら

ビールやお茶を飲む!

そんな余裕も欲しいものです

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011