さぁ、今日も頑張るぞーっ!って意気込んで

現場に着いた午前8時前、車を降りるや否や

突然携帯が鳴る「大地震です!大地震です!」

エッ?といった瞬間に横揺れが・・・

数秒でドンッ!グラグラグラ・・・

 

 

携帯に速報が・・・

大阪で震度6弱・・・しかも直下型

こっちは震度4

それでも結構揺れた・・・

 

 

大阪、京都、滋賀、神戸の電気屋さん仲間

大丈夫か?心配で取りあえず

facebookで呼びかけてみた

 

facebook各地からの返信で

安否確認はとれた・・・良かったぁ

仕事中なので返信することはできなかったが

全国の電気屋さん仲間が心配して

呼びかけてくれていたみたいだ!

 

大型店ではできないネットワーク

みんな本気で心配してくれている!

すばらしき仲間たち!

 

夜のニュースを見ていると

やはり、

ライフラインは大きな傷を負ったみたいだ

 

水道、ガスは復旧せず被災された方々は

不自由な生活を強いられてしまいましす

ただ、電気はいち早く復旧し使えるようです

電化されている方は温水器やエコキュートの

タンクにドラム缶2杯分くらいのお湯が

ありますから、非常用コックからバケツに

抜き生活用水として使ってください。

 

困り事はお付き合いのある街の電気屋さんに

相談されれば何とかしてもらえますよ

 

カット君も午前中の仕事を終え、

先日フルリノベーションし

お引渡しした現場に心配で訪問する

 

昨日引越しされたばかりで荷物が山積みに

荷物が崩れてキズなど付けていないか?

幸い、傷などもなく安心しました

 

実はこの躯体だけにしての

フルリノベーション工事の目的のひとつが

「耐震補強」だったんです!

耐震補強するために全解体したのです

築55年の古民家には補強材が入っておらず

建物もかなり傾いていました

 

床も壁も屋根瓦も無くなり軽くなった所で

柱に水準器をあてて、

ジャッキで修正していきます

1本1本、垂直に柱がなるようにジャッキで

起こしながら

仮止めをして固定します

これで傾いていた家全体が

真っ直ぐに建て直りました

55年前の建築では検査もなく

耐震など関係なく建てていましたが

案の定梁や桁を横揺れから支える

火打ちや筋交いも入っていませんでした

竹で組んだコマイに土壁と抜き板だけで

もたしていました・・・

柱を1階2階で40本追加し筋交いも入れて

柱は金物で補強しました

金物が全く入っていなかった梁組みにも

 

角々に火打ちをいれて支え合います

可能な限り筋交いを入れて

 

 

筋交い金物で補強します

 

柱と筋交いを一体化します

上には筋交い金物で柱と筋交いを

下には柱と床梁を一体化します

新築基準の耐震補強をしています

 

もちろん、躯体金物だけではありません

後程ご紹介いたしますが・・・

 

基礎や壁も耐震に考慮し補強しています

 

今回の大阪の大地震で亡くなられた方

怪我や、家屋など被災された方々

謹んでお見舞い申し上げます

 

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011