まいどーっ!たつのの反町隆史こと

カット君ですぅ~

今日のカット君は百姓!

この問題だらけの日本を耕しまする!!

 

いざ出陣でござる!!

 

まずは橋を渡って川向こうの田んぼへ

1反4セの、まあまあ大きな田んぼ

高速走行から田んぼに入り四駆に切り替え

主変則は2、副変速は低で爪の回転は3で

田んぼを耕します

はじめに3周分(約5m)を畔から空けて

耕します

このように曲がった田んぼは耕やしにくく

アールに沿って耕します

畔際も際ッ際まで寄せて

草が生えないように耕します

コンクリート畔にぶつかると機械が壊れる

こともあります、自慢じゃないですが、

ココまで際キワを耕すのは腕が必要です

最後にぐるりを3周を回って

このようにキレイに耕します

 

次の田んぼは休耕田

稲作しない田んぼですが

草が生えないように耕します

休耕田を耕し始めると

彼らがやってきます、

掘り起こした土の中から出てくる

カエルや虫を捕食するために寄ってきます

 

つぎの田んぼも休耕田広さは600坪以上

ありますが、稲作しません

たんぼの持ち主が高齢で

田んぼを作ることができません・・・

この大きな田んぼもカット君が管理を任されて

定期的に草が生い茂らないように耕しています

草が生えた田んぼを耕すと小さな虫が

逃げまどい顔にドンドンぶつかって来るので

網戸?(戸ぢゃないな)網を貼っています

長さ約100mの長ーい田んぼ・・

なーんも考える事なく、ただボーッと

端まで行ったらクルって曲がり、

また真っ直ぐ耕しては曲がる・・・

単調である・・・天気も良いし

適度な揺れ・・・睡魔がZZZZzzz

思わず逝ってまいそうになる・・・

 

午後からは川東に戻り、また耕す

ふつうは畔から5~10cm位空けて耕し

畔際は鍬で手作業で耕すのですが

手作業めんどくさいので、カット君は

コンクリート畔ギリギリまで寄せて

手間を省きます

周りの3周目(外側)を耕して

はい!いっちょうあがり!!

 

次の田んぼも長い田んぼ

ポカポカ陽気で

昼飯食ってますます睡魔がzzzz

最近は田んぼあっても、作付けせずに

田んぼを作らない農家が増えています

 

米の買い取り価格が下がり

肥料や苗や薬などは年々値上げし

機械代や燃料代もバカにならず

手間暇かけて体とお金を掛けてお米を

作っても割に合わないのです

 

圃場整備もしていない作りにくい田んぼを

代わりに作る人もおらず、休耕田ばかり

休耕田でも放っていると草が大きくなり

荒れてしまいます、

ですから定期的に耕して草を止めないと

 

作っても儲けにならずに赤字

体を傷めるだけ・・・

作らなくても維持管理にお金が必要・・・

いまや田舎の田んぼは財産ではなく

お荷物なんです・・・

かといって、この地区は調整区域になっており

自分の土地であっても、

田んぼを触れないのです

農地転用ができず、家も建てれなければ

埋め立てる事も、太陽光発電パネルの設置も

道を付けるコトすら出来ないのです

子供が減り過疎化に向かう村

若い子たちも家の後を継ぐにも、

土地があるのに家も建てられず、村を出ます

 

当然若い子たちがいないということは

子供もいないということです

 

道一本隔てた隣村の田んぼは調整区域外で

ドンドン家やハイツが建ち子供も増えています

 

子供を増やし活気ある街に・・・?

なーんだか矛盾してますよね・・・

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011