まいどーっ!夢かなえ隊のカット君です!

いやーっ!今日は爽やかな朝を迎えましたよーっ!

ってか、朝から雨やん・・・

づーっと雨やん・・・

現場に行くとエライコトに・・・

でえええーっ!覚悟はしていたけど・・・

しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん♪

下屋は昨日ルーフイングシートを

張ったので雨も大丈夫ですが

大屋根はまだブルーシートで養生してます

ブルーシートに所々穴が・・・

あわてて、2階床にブルーシートを敷いて

ありったけのバケツを持って来て

雨漏りを受けます・・・

屋根も壁も床も   まっ青・・・

目がおかしくなりますぅ~

今日は仕事になりません・・・

 

で、店に帰り溜まっていた事務処理や

明日からの電気工事の配線図面の作成

などなど・・・

 

テレビをつけてみる・・・

平壌オリンピックが始まりましたね

冬季オリンピックと言えば

やっぱり20年前の長野オリンピックの

ラージヒルスキージャンプ団体が

忘れられません

 

カット君が毎年行っていた

長野県の八方尾根スキー場のジャンプ台

 

岡部、斉藤、原田、船木の4人が

飛びましたが・・・

3番手の原田が飛ぶ前に、

前が見えないほどの吹雪となり

原田が失速・・・(各国の3番手も失速)

 

原田は前回のリレハンメルオリンピックで

日本のエースとして団体の4番手で

ジャンプ団体1回目を終り、ぶっちぎりで

普通に飛べば金メダルという状況で

最後に登場しプレッシャーでダイ失速し

金メダルを逃した苦い思いが・・・

今回もよりによって、そんな原田の前に

悪天候になり、視界がほとんどない状況で

飛出し失速・・・2位に

競技続行は困難(1回目の順位で)

となると日本は銀メダル・・・

 

そんな、とても飛べる状況ではなく

中断している中、選手に選ばれなかった

日本の選手たちがテストジャンパーとして

前が見えない中、決死の覚悟で次々飛出し

ひとりの転倒者も出さず「安全!出来る!」

競技続行をアピールし2回目のジャンプが

続行されました

 

再開された2回目のジャンパー1番手は

勝負強い岡部!が大ジャンプ!

2番手の斉藤も130m超えの大ジャンプ

 

そして3番手の原田・・・

足が折れてもいい・・・と決死の覚悟で

大大大ジャンプ!日本勢一気に逆転1位

 

そして、一番若い4番手の船木が・・・

前回の原田と同じ状況に

大ジャンプを飛び終えた原田が

「ふなき~ふなき~」と呪文のように

唱えている画像が印象的でした

 

心臓バクバクで前回の原田さんの気持ちが

痛いほど解ったと言う船木、

プレッシャーのなか飛び!130m超え

テレマークは決めれなかったものの

金メダルを確信した船木はガッツポーズ!

原田が一番に船木の抱きつき4人が倒れ込んだ

インタビューでは原田が泣きながら・・・

「俺じゃないよ・・・おれじゃない・・・」

「みんなだよ!みんな・・・と

岡部、斉藤、船木、そして控えの選手

あの上状況のなか必死に飛んでくれた

テストジャンパーたち・・・

実はこの日、原田は

4人に選ばれなかったリレハンメルの

メンバーだった西方のアンダーシャツを着て

今ではレジェンドと言われている

葛西のグローブを借りて、

一緒に飛んでいたのです・・・

 

その葛西の手袋を涙とよだれと鼻水で・・・

ぐちゃぐちゃにしていました

 

今でも陶器オリンピックを見る度に

この時テレビの前で一緒に泣いた思いが

蘇ってきますね、

さて、今回の平壌ではどんなドラマが

産まれるんでしょうかね!

 

 

 

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011