先日より始まった

今年最後のリフォーム工事

浴室を大きくするために

仕切っていた壁も撤去して

解体した浴室&洗面所に

 

土間にコンクリートを打ちました

 

通常ユニットバスと言うのは、土間(地面)に

数本の脚(ボルト)で支えています

ボルトなので高さも自由に調整できます!

 

が、当然お湯を張った300Kg以上の

想い浴室を足で支えているので

揺れにも弱く洗い場でもジャンプすると

縦揺れをします・・・それが普通なんです

この度、カット君がお勧めしました

システムバスはフレーム架台といって

鉄骨の様な角材をで組んだ丈夫な

台の上に組み込む工法なので

 

点ではなく面で重い浴室を支えます

当然点よりも面のほうが断然強いですよね!

なんと!震度6強にも耐えられるんです!

家の中で一番強固な場所なんです!

だから地震があれば、

このお風呂に逃げ込んでください!

 

そんな丈夫な浴室ですが、フレーム架台で

施工するために、点で支える調整足のように

誤魔化しが効きません・・・

コンクリート土間のレベルといって、

真っ直ぐ平らに高さもキッチリに

コンクリートを均さなければいけません!

職人の技が必要です!

 

コンクリートが乾くまでは

入ることはできませんので・・・

電気屋をしてみます?(笑)

母屋の昔の電気配線は碍子引きといって

今では危険な配線なので、

屋根裏にあがって全部新しく取り替えます

取りあえず今日は縁側の配線を取り替えました

ついでですから今までなかったところ

ココにコンセントあったら便利だな?

ここが暗いから電気欲しいな?

ココでスイッチで電気点いたらいいな?

などなど安心!快適便利に変えていきます!

 

この日当たりの良い縁側には

いつも猫ちゃんがいるのですが・・・

今日はいない?・・・

工事するから違う部屋に移動したのかな?

と、思っていると・・・

 

昨日、死んじゃったんだ・・・って、

えっ!えっ、な、な、なんで?・・・

元気だったのに・・・なんで?

 

家の前の道路で車に引かれて・・・

想いもよらない出来事に・・・

可哀想にとしか

言葉が見つかりませんでした

ガランとしたゲージをみると

思わず込み上げてくるものがありました

 

生き物を飼う上で避けては通れない

道かもしれませんが・・・

人間と同じで、病気なら覚悟もできますが

事故でいきなりいなくなってしまうと

 

本当に辛いですね・・・

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011