昨日は雨で途中断念したカット君

今日は朝から植木屋~!

曇天の中登ってましたよーっ!

曇って雨降りそうで、時々青空が出て

また曇って、晴れて、曇って・・・?

降んのかい?降らんのかい?降んのかい?

降らんのかーい?

この松はカット君ちの前の畑に35年ほど前に

建てた姉の家の新築祝いに、カット君の娘の

お婆さんにあたる「かじょちゃん」の旦那にあたる

「ゆっきょさん」が(一般的には親父言うんかな?)

玄関前に移植した大きな松の木です

「ゆっきょさん」が死んでから、

義理の兄が剪定していましたが

その義兄も7年前に肝臓癌で亡くなり

二人が丹精込めて育ててきた松を

今はカット君がてきとーにお世話してるわけで

この姉の家には計3本の枝ぶりの良い松を

「ゆっきょさん」が移植しました、

家の松と合わせて20本松の木があるのですが、

良い松トップ3が姉の家にあるのです・・・

大きくて足場も悪く手間のかかる松なので

姉は、もう剪定してくれんでも、

ほったらかして枯れたら枯れたでいい!

って言いますが・・・

親父と義兄の思いがこもった松の木を

枯らす訳にはいきません!

特に高さ3m位あるこの立派な松は、

逆立ちして見ると、家の白い壁を

龍が登っているように見えます(天橋立みたい)

親父や義兄が残してくれた松を

大事に守っていきたいと思うカット君であります!