カット君ちの座敷前の庭の松の木

3本それぞれの特徴のある松の木ですが

どの松の木の剪定が一番手間がかかるでしょうか?

① 高さ約2.5mでした4方向に大きな棚がある松の木

「棚」とは太い幹から枝分かれして、

島のような枝葉のかたまりが段々を造ります

② 高さ約2mの上が大きく横に伸びて棚も大きな松の木

 

③ 高さ約1mの背が低く棚の感覚が狭い松の木

 

さて南蛮の松の木の剪定が大変でしょうか?

??????????????

 

①番の松の木の剪定時間は

 

約6時間でした

標準的な松のカタチに近いかと思いますが

バランスよく4方向に大きく伸びた棚が特徴的で、

葉の高さが水平になるように剪定していきます

 

②番の松の木の剪定時間は

1日(約9時間)でした

上部に大きな横に伸びた棚(門担ぎ)通常はこの上に2~3の棚があるのですが

変わった形にしたかったので、元々2.5m位あったのをカット君切っちゃいました

最上段がこれだけ横に水平に伸びた松は少ないと思います

 

③番の松の木の剪定時間は

1日半(約13時間)かかりました!

高さを低く抑えて横に伸ばしたいので枝数を増やし

葉が大きく伸びないようにしていますが、

養分や日光が下の棚に行き届くように

適度に隙間を造るのが難しいのです

高さは低いのですが石灯篭もあり、葉数も棚の数も多く

棚の感覚も狭く奥行きもあり剪定がやりにくい松です

手間がかかりますが、バランスも良く珍しいカタチなので

カット君の一番のお気に入りの松です

 

庭にまったくの興味がなかったカットくんですが

親父がいなくなり、いやいや始めた剪定ですが

13年試行錯誤しながら段々覚えていき

この世に2本と同じモノがない作品を自分で造る喜び

生き物相手ですから間違えば枯らしてしまう事の怖さも感じつつ

明日は中庭を剪定します!

興味のある方は明日も覗いてくださいね!