まいどーっ!堀デンキのカット君ですぅ~

いっやーっ!毎日暑いですねぇ~

暑すぎて・・・なーんにも考えられないので

家の松の木の剪定をしまーす!

 

松の木は「金食い虫」と言うくらい剪定に手間がかかります

本職でも丁寧な仕事をするとこのクラスだと剪定に1日かかります

要らない枝や芽の出ない枝を切り取り

数年後の形を想像しながら伸ばす新芽、不要な新芽を見分け

カタチを創っていきます

この中に必要な新芽が隠れています

真ん中に新芽が隠れています、この新芽は伸ばしたいので残して

その上の枝を落とします

さらに周囲の古い葉を指でむしり取ります

コノ濃いい緑t炉の葉は冬には茶色くなり

枯れてしまいますので取り除きます

 

このように右手のハサミで枝を落としつつ

左手で古い葉を摘みますが、新芽はつきが弱くちぎれやすいので

出来るだけ新芽に触れないように気をつけながら

左手の親指と人差し指の指先で慎重に古い葉を摘みます

昨年ハサミを入れたこの真ん中の枝は芽が出ていません

通常枝を切ると切り口から樹液がでて芽が吹いてくるのですが

この枝は来年も芽吹くことはありませんので落とします

そのことにより周囲の枝の勢いが良くなるのです

このように葉が茂ってくると雨が降っても下の葉に養分が行き届かず

風通しが悪く日当たりも悪いため、新芽が育ちにくく、虫も付きやすくなります

最近、古葉もむしらず、ハサミだけで簡単に剪定される方もいらっしゃいますが

数年後に虫が入ったり、病にかかったりで枯れることが多いいようです

そのために不要な枝を落とし、古葉を取り「すかし」ますが

あまり切り過ぎる松が弱り枯れてしまいます、

他の庭木なら少々荒っぽく切ってもめったに枯れることはありませんが

切り過ぎても、切らなくてもダメで虫がつきやすい松

数年後のカタチを想像しつつ手を入れ育てます

だから根気と手間と技術が必要なのです・・・

 

あっ、電気屋の独り言でございます・・・

The following two tabs change content below.

horidenki

堀 和人 ♂(通称カット君)     人は反町隆史とも言う   昭和35年1月11日生誕 趣味:スキー、夢を叶えること 特技:ビールをたくさん飲むこと、 職業 : 電気屋、ペンキ屋、植木屋    何でも屋、ですが基本百姓    堀デンキ(建築部)    夢かなえ隊  隊長    (プランニング設計・電気工事・現場代理人)    家のお困りごと解決から    増改築・新築まで何でもできます    電話  0791(75)1011